未分類


ダイニングの写真です。

 

広告

妻の友人からフィリピン旅行のお土産のB級ブランデーを頂いてきた。このブランデーはグレープフルーツと割って飲むのがおいしいとの事・・・・。飲んでみるか・・・?

先日、恵比寿にある家具屋さん「PACIFIC FURNITURE SERVICE」に

行って来ました。

最近では所ジョージさんの「世田谷ベース」のデザイン監修をしたとこで有名です。そもそも家具屋さんでしたが、インテリアや建築のデザインにも進出し活躍されています。独特のアメリカンノスタルジーの演出には右にでるものなし!と思わせるほど上手な演出をされています。

パシフィック ファニチャー サービス  http://www.pfservice.co.jp/

お店の前の駐車場にはこんな素敵な車がとまっていました。

こんな車も・・

飼い猫のソニー君

秋の夜長~ リビングでくつろいでおります。

3月11日の大震災以降、自転車での通勤や移動が増えているようですね。私も通勤の為の自転車を買いました。

ロードバイクとマウンテンバイクの中間的デザインのクロスバイクと言うやつです。

 

片道20kmの道のりを約50分で移動します。電車通勤の時間と変わりありません。

健康に経済的に自然環境にとても良いこの乗り物がもっと移動手段として広く活用される事を

願います。

 

  

 105平方km(東京山手線の内側面積ほど)と狭いながらも、「凱旋門」、「ノートルダム寺院」、「エッフェル塔」、「オペラ座」、「ルーブル美術館」など、パリを象徴とする建物が次々と思い浮かびます。

———————————————————————————————
 パリの街の中心部には、シャルル・ド・ゴール広場があり、更にその中心に「凱旋門」があります。この凱旋門はオステルリッツの戦いに勝利したフランス軍の栄誉をたたえるため、ナポレオン1世(1769-1821)はフランスの建築家、J.F.TH。シャルグラン(Jean-Francois-Therese Chalgrin, 1739-1811)にその設計を依頼。1806年に着工したものの、ナポレオン政権の崩壊により建設は中断。その後、シャルグランの弟子が引き継ぎ、30年の月日を経て1836年に完成しました。

——————————————————————————————-
 個人主義の国といわれるフランス。流行に敏感で洗練されたイメージがある一方で、伝統や普遍性を重んじ、それを後世に継承していく強い意思が感じられます。そして、自国の文化に誇りを持つがゆえに、芸術やデザインなど異文化を受け入れる懐の深さもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mac Book Air・・・・・

買ってしまいました。   使うのかな・・・?

プロダクトの完成度の高さに感動しました。

次ページへ »