ライフスタイル


326219603_b9bfbecc44_b

愛に奔放で自由な姿勢を貫く国、フランス。                                                                       1999年11月に成立した「PACS」法が当時、世界的にも話題を                                            呼んだ事を記憶している・・・。

 入籍していない共同生活を営むカップルに対して、性別問わず、税金や                                                     年金・保険給付、遺族相続などで通常の夫婦と同じ権利の一部を認める                                         というものだ。

 なんと同性愛者のカップルでも法的地位を認めることから、そのセンセ                                                   ーショナルな側面が強調された感じがする。

 現状のフランスの離婚率は非常に高く、日本人ほど結婚の意味を深く認                                                   めていないし、認める必要もない。なぜならば「PACS」法があるフランス                                                では結婚以外の選択肢がいくつもあるからだ。

 実際、現在のフランスで生まれる子供の四割が婚外子であり、法的にも                                                なんら差別を受ける事なく暮らしている。

 これはライフスタイルの多様化をより広めたものであり、人生の方向性が                                                 流動化していると言える。この状況はもちろん住文化にも影響を与えてい                                                    る。「将来、生活環境が変化していくかもしれないのなら、居住用の不動                                                   産は買わないで、気楽に公団賃貸で暮らす方を選ぶ」この様な選択が増                                                    加したのである。

 ここで余談であるが、フランス人の離婚理由は浮気や暴力ではなく、「退                                                屈」であるとか「孤独感」が上位を占めるらしい。一緒にいても寂しい、とか、                                               楽しくないとか、そんな理由なのだ。これは根底に個人の自由や幸福を第                                                一と考え方があるのだろう。

 最近の日本では、結婚率の低下や、婚期の遅れ、そして特に感じるのは、                                              「出来ちゃった婚」の増加である。統計調査によると日本の結婚の28%が                                               「出来ちゃった婚」らしい。この様に日本の結婚観も明らかに変化しつつあり、                                               ライフスタイルも多様化しつつある。日本の住文化もライフスタイルの多様化                                               に影響され、大きく変化しつつあるのだろう・・・・。

にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

広告

untitled

最新のOECD(経済協力開発機構)の子供の学力調査において、北欧のフィンランド世界一位となった。なぜ、この北欧の小国が優秀なのか・・・!?

 

フィンランドは高福祉国家であり、国民の税負担も大きい。

フィンランド福祉とは、高齢者だけを対象にしているわけではなく、未成年者や障害者にサービスの重点を置いているようだ。

とりわけ未成年者の教育環境の整備は1990年代前半からすさまじい勢いで行われた。

 

そして・・・それと同時に未成年者の生活環境の健全化を推し進めた。  んっ、生活環境とは・・・・?

 

「フィンランドの家族は何よりも家族との時間を大切にするそうです。主人は夕方5時には帰宅し、子供は塾通いなどありません。子供に勉強を教えるのは学校と親です。またフィンランドの家族の90%程が、セカンドハウス(別荘)を保有しているそうです。週末やサマータイムの長期休暇はそこで過ごす。これはある脳科学者曰く、生活環境を定期的に変化させる事は脳の活性化に非常に良いらしいとのこと。」

 

親と子の関係が健全である事が子供にとって一番良い事であり、子供の無限の能力も開発されていく・・・らしい。

 

おおげさな事をいうと、この国の規準は子供! ・・・・・・子供が一番!!

 

それから、キシリトールガム・・・・

 

このキシリトール虫歯の抑制効果があることで有名ですね。

またキシリトールは子供の急性中耳炎を防ぐ効果もあるそうです。

このキシリトールの効果を発見したのはフィンランドの研究者です。

 

そして・・・家具やインテリア雑貨で有名な” イケア ”。

この企業も子供の家具やベットそして雑貨を相当、研究しています。

 

また・・・携帯端末で有名な ノキア

子供用の携帯端末の開発に先駆けています。

 

北欧フィンランド人の研究者は子供の為にがんばっています!!

 

話はそれましたが、フィンランドの教育水準が高いのは教育現場も優れているのでしょうが、基本的に子供と親がしっかりと関係を構築して日本のような学校任せではなく、子供の教育の責任者は親である事を明確にしている事が、この結果につながったのでしょう。

 

それから・・・・

この様な親と子の関係を構築する場所が”住宅”なんですね。

家族との絆を結ぶ居住空間。 それが大事。

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

074I’ve been to paris to looking for any new design of  Architecture.

パリは好きな街のひとつです。

華の都と呼ばれるパリですが、街の通りなどはゴミが散乱していたり、道路の舗装状態も

良いとは言えません。街中の建物も老朽化していて趣きはありますが、華の都と呼ばれる

街の建物としてふさわしいか・・・・・?

 

しかしながら、この街は、古さに意味があり古いものが美しいのです。

ヨーロッパでは基本的に築年数が古くてその場の空気に溶け込んでいる

建物ほど価値が高いのです

洗練された審美感を持っている日本人は

最近、この価値観再認識してきている様に

感じます。

kiev3011 

 

住宅関係の仕事をしていると、本当の豊かな空間とは何か、という事をよく考える事があります。

そもそも、豊かな生活って・・・・何?

そこで・・・・・

 (Yahoo掲示板)で気になる書き込みがありましたのでご紹介します。

 

 

( 私は、キエフ(ウクライナ首都)に住んでいました。モスクワ、サンクトペテルブルグにも住んだことはありますが、いずれも素晴らしい都市です。


・・・・私ねえ、高層ビルは大嫌いなのです。東京・大阪などの大都会ではは不動産やの暗躍で高層ビルだらけ。町並みの美しさなど皆無、地方都市はシャッター商店街など多く寂れている。日本は本当に恵まれているのかどうかしばし考えてしまう。


ロシアではクラスノヤスルスク・ウラジオストックに行った、中欧のオーストリアとその隣のハンガリーにも行った、何処に行っても町並みが美しい街が生きている。

 

その中でもキエフは、古い歴史のある街です。私は、歴史的なパドール地区に住んでいました。クレシャーチク通り(キエフの中央通り)に歩いて行ける所でしたので近くには、洒落たカフェやレストランがいっぱいありました。

 

・・・・・この国が本当に日本より貧しいのか、、、洒落たレストランやカフェはいつも客でにぎわっており早朝から深夜(2時3時?)まで営業、若者から年配者まで客層も様々。まあ、もちろんホームレスもそれなりにいるし危険人物もいるようだが、総じて日本人よりも生活をエンジョイしているように見える、、、何しろロシアでもウクライナでも平日の大都会で馬に乗れる!東京や大阪で仕事帰りに馬に乗れるだろうか?

 

オペラも低料金で平日の仕事帰りに見にいける!!


生活のすべてにおいてわれわれよりもましだ、高級な電化製品などが手に入りにくいだけ。でも高級車に乗るよりも馬で大都会を走り抜けていくほうがよほど優雅に思えるなあ。)

 

 

 

 

 

私の妻は東欧出身の女性で、妻の帰省の同行で何度も東欧に行った

事があります。この記事のキエフ(ウクライナの首都)も2回程、訪

れた事があります。 ・・そこで、

正直・・・この記事にすごく賛同しました・・!!

 

東欧は日本から比較すると、貧しい印象がありますよね・・

ところが・・・!

生活(ライフスタイル)は、現状の日本よりはるかに

文化的で、洒落っ気いっぱいな生活を現地の皆さんは

過ごしておりました。具体的な東欧お話は今後このブログでアップ

していきますが、今回は、ロンドンでの生活で同じ様な事を感じた

経験のお話だけ・・・・・。

 

私とオペラの出会いは、ロンドン留学時代の頃です。

この”キエフ”の話の様に、ロンドンのオペラハウスには、

やはり仕事帰りのサラリーマンが大勢訪れていた記憶があります。

私も貧乏学生でしたが、一番安チケットで当時2000円位でした

ので映画を見に行く気分で歴史あるロンドンオペラハウスで一流の

オペラ歌劇を鑑賞していました・・・。

 

この様な経験は日本の大学生には出来ません。

日本の大人はともかく、日本の学生は恵まれているといえるのでし

ょうか・・疑問です。

« 前のページ