2009年4月


unite-dhabitatione38080e58fb0e68980

フランスの公団住宅 ユニテ・ダビタシオン

この台所、40年代の日本の公団住宅の台所に似ていますよね・・・!!

古い味が出ていますね~。

日本ではすぐにリフォームして新しいキッチンユニットを入れますよね・・・

にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

広告

unite-dhabitatione38080e5b185e99693efbc92

フランス マルセイユの公団住宅・・・・ユニテ・ダビタシオン!!

今は公団建築のお手本とされているが、この建物、建設当時は大変な反対運動を受けている。医師会からは「こんな監獄のようなところで暮らしたら、誰だって精神的におかしくなる」という通達を受け、街の美観保全を担う協会は「人間性に対する冒瀆」とまで非難したらしい。

unite-dhabitatione38080e5b185e996931

確かに庭付き一戸建ての家は魅力的である。一戸建てに比べれば、集合住宅は「」に見えるかもしれない。だが、経済的にマイホームにはてが届かない多くの人達に明るい部屋と便利な生活を供給するのが、公団住宅の使命ではないか。コルビジェはプロジェクトを遂行したのだ。

unite-dhabitatione38080e5b185e5aea4

結果、ユニテ・ダビタシオンの住民はユニテの提案する新しい生活を喜んで受け入れたのだ。入居希望者は増える一方で、誰も出て行かない状況が続いた。ユニテは戦後のフランス人に明るく便利な新しいライフスタイルを与えたのだった・・・。

次回に続く・・・・・。

にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

unite-dhabitatione38080e5a496e8a6b3

フランスでもっとも有名な公団住宅は、ル・コルビジェによるマルセイユの”ユニテ・ダビタシオン”だろうか。すいぶん古い例ではあるが、フランスの公団住宅を象徴するエピソードなのでまずはこの話から始めようと思う・・・・。

第二次世界大戦が終わる1945年、フランス復興省は国を代表する建築家ル・コルビジェに公団住宅の設計を依頼した。場所はマルセイユの市街地から3キロ程はなれた公園の中。6年の歳月をかけ、そこにコルビジェは337個を収容する17階建て鉄筋コンクリートの大型集合住宅を建てた。南仏の豊かな日差しを心地よく受け入れるようにと壁面のほとんどが開口された形になっており、ベランダ部分に塗られた赤・黄・青の原色使いが印象的。

中層階に食料品店、本屋、郵便局やレストラン、最上階には幼稚園、屋上には公園、プール、体育館が設置された。

建物から出ずして日常生活の大半の用事をまかなえるという都市計画的な構造は、建築家ではなくむしろ国側によるプランだったと聞く。

・・・・次回に続く。

エントランス前 ↓

unite-dhabitatione38080e3839be383bce383abe5898de38080e8bb8a

にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

0101

パリの魅力は何でしょうか??

・・・・パリの街並みを撮影すると、分かります。

必ずが圧倒的な存在感で写って

いることです。

? 日本の都市部では少なくなっていますね・・・・。

0121

074I’ve been to paris to looking for any new design of  Architecture.

パリは好きな街のひとつです。

華の都と呼ばれるパリですが、街の通りなどはゴミが散乱していたり、道路の舗装状態も

良いとは言えません。街中の建物も老朽化していて趣きはありますが、華の都と呼ばれる

街の建物としてふさわしいか・・・・・?

 

しかしながら、この街は、古さに意味があり古いものが美しいのです。

ヨーロッパでは基本的に築年数が古くてその場の空気に溶け込んでいる

建物ほど価値が高いのです

洗練された審美感を持っている日本人は

最近、この価値観再認識してきている様に

感じます。

 qa

 

 

築28年の106㎡の分譲マンションのリノベーションです。 ホールの天井や壁の意匠、そしてシャンデリア。パリの空気が漂う室内空間を演出しています。家具からリネンまで全てお任せコーディネイトです!!

モールディングなどの化粧部材は、アメリカ製の部材で輸入ものです。日本の低い天井高さに合わせて現場加工しています。

公団の場合は更に天井高さが低い場合が多いので、厚みの薄い部材を組み合わせて意匠する場合が多いですね・・・・。

間取りの構成も日本のLDK(リビング、ダイニング、キッチン)の既成概念にとらわれず、ファミリールームを中心とし、その周りに放射状に各部屋を配置しています。

にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

090327_101521

 

 Recomend this book !!

芸術作品の根源   著者 Martin Hidegger

これは芸術についての指南書ではありません。

哲学書・・・・・です。

著者のマルティン・ハイデッガー(Martin Hidegger)は1889年9月26日生まれでドイツの哲学者。

現象学の手法で存在論を展開し、実在主義や形而上学などに強く影響を与えた。

・・・・・なんだか難しいワードが並んで、この著者って何者?

単純に言うと、世の中には色々な”形”がある。

この”形”にはそれぞれ何かしらの意味があるはずだ。

なぜ,そこに,その時間に,その”形”が,存在するのか?

その様な単純な難問を論理的に説明しようと

がんばった人です。

また、この著者は若い頃、東洋思想に興味をもち、日本の禅で有名な道元さんの

正法眼蔵」に影響を受けている。

哲学の世界をのぞいてみてください!!芸術作品の根源 (平凡社モダン・クラシックス)

 
にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ